ありがとうございました。


TS3E0171.jpg

google.jpg

おしぼり.jp 東京 高野です。
■西内社長 そして奥様も昨日(一昨日)はありがとうございました。
画像つき。
今回は「くじら」の珍味フルコースとマッコリ(マッコルリ)でした。
糖尿病を家に置いてきたので、思う存分 食べまくりました!
品がなくて済みません。
毎回思うことですが、また新しい勇気をいただいた気がします。
お会いするたびに常に驚かされております。
今回は日本の外食産業に対しての成功例を伺いました。
100万というロットに対して 新しい視点で取り組まれ成功されたわけです。
僕の質問に対してもそのポイントを全て?教えていただきました。
当社では確実に失敗するであろう、もしくは実際に失敗したことに関しまして
どこが悪いのか、具体的な部分 本質がわかりました。
というか思い知らされました。
もちろん判ったからと言って一朝一夕で解決できる問題ではありませんが・・。
決して財政力ではありませんよ。(^_^)v
「やっぱりはるか遠くを走っているのだな~」と感じました。
脱帽。m(__)m
■いま環境。
昔 ボイラーを業界に導入したのと同じように
今度は環境が 絶対に必要だと感じる今日この頃です。
もしこれをナイガシロにしたら・・・ぞっとします。
たまたま「世界経営者会議2008」の本日ケーブルテレビで確認しましたが
そこでも取り上げられていた事は要約すると
「環境=あたりまえ」
「環境=チャンス」
などの方程式です。
当たり前のことだけれど対応してないことをやるわけですから 大変だと思うし
面倒だと思われる方もいらっしゃると思います。
でも、ボイラー今使わないで仕事する方はいらっしゃるのでしょうか?
そうなると ちょっとおぞましいですね。
それと同じで「環境」そして更なる「衛生」こそ 、これからの当たり前でっす。
■それでも これから我々どうするのか?と考えたら。
キツイですよね?
これも「世界経営者会議2008」の受け売りですが、エアバスの社長が言っていた言葉
ここにヒントを得られます。
 「競合とも対立するばかりでなく部分協力する」
 エアバスのライバルは言わずとしれたボーイングです。
われわれの業界としては? 同じ地域の同業者はすべてがライバルです。
新規に関しては戦いつづけながらも、既存客に関しては 
今までの共同仕入れ体制にとどまらず、これからは 共同工場 共同配送など?
小規模業者 零細のみならず大手も まとめて生きる道です。
一番難しいのは中堅どころかな? どちらにも動きにくい。
現実として
①おしぼりの顧客数の「減」はどの会社も確定しました?
②顧客1単位の使用本数も「減」
③競争の激化
ほっとけば
④顧客が減ると固定費の割合が増える
⑤今より相当厳しくなる
現実には来年から今をみるとまだ良い時期だと思います。
来年以降 確実にもう一段悪くなる?
もちろん円高の部分ではちょっとプラスの状況です。
⑥結果 ・・・恐怖のズンどこ?
笑い話ではないのでは?
特に「貸しおしぼり」がメインの業者は 待ったなしになるのでは。
当社がとった方法は一例ですが。
これは チェンジ&チャレンジの究極でもあるとおもうのですが。
当社としては、ここまで、AL○○商事さんのご協力もあって うまく推移しているようです。
皆さんも長期戦略としてはネットワークの活用による たとえば「おしぼり.jp」など
業界としての新発想の販売方法や新たな商材。
(宣伝して申し訳ない m(__)m でも事実だと思うので。)
短期戦略としては これは中小零細が基本ですが「コストの圧倒的な削減」
「今もやってるよ~」 と言うかもしれませんが・・・。
つまり 共同工場 共同配送が無理なら 全面委託。
この方法はここまで正解だったと思います。
こんなに急激な景気停滞を予測していたわけではありません。
どちらかというと年々工場の老朽化と顧客減少
それに伴う固定費の増大
日本の人口の減少や高齢化 国家のシステムの崩壊
そんな時に渡りに船?グッドタイミング 強運!!
たまたまAL○○商事さんからいただいた話でした。
SAKURA咲く。
お互いにとってプラスの話であると思いました。
それが大前提となるわけで・・。
共同工場 共同配送にも 形は近いです。
今 自動車業界が 20%とか30%とかの減収?
先進国でこのパターンの調整は今までありえなかったらしいです。
ゴーン氏によると今までに誰も体験したことのない状況なので
「何が起こるか分からない」と断言してました。
もしかしたら 大したことは起こらない?それこそ希望的観測です。
今やることは「景気減速に対する対応」
但し、これを「チャンス」へとつなげる経営。
・・だそうです。
今なら円高を利用!かな。
それこそこの点で西内社長 見事。
で、我々はどうすれば良いのでしょうか?
客観的に見ても いまの時点で経営状況のよろしい会社もおしぼり業部分は
放っておけば100%低下決定。
もちろん今までの常識ではあり得ない方法だと思いますが。。委託。
当社にとっては間違いなくプラスでした。
わかりやすいです。
大手さんにとっても 確実に伸び続けなければ、生きていけない巨大な胴体。
すでに コスト削減はわれわれより進んでいる状況だと思います。
新規というか 他社の既存店に対応すれば新規店を一気に増やすことに近い状況ができます。
固定費の増大を防げるのかな?
ここでの選択には もちろん信頼関係+契約によって 我々が守られながら
ダブルWINを構築することが、顧客に対しても より素晴らしい商品を
適正な価格で提出できるのではないでしょうか?
そのための努力は惜しみません。(^^)
M&Aも一つの道ですが、こういう形もまた一つの道だと思います。
最初業界での対応で、あまり理解されてなかったことに逆にびっくりしました!!
「大変だね~」って言われた時の僕の第一声は「へっ? なんですか??」
当社のメリットは
①ISO取得工場の商品として営業できます。
②営業範囲地域性がさらに広がります。(^^) 広げてませんが・・。
③わかりやすい経理内容です。
④自社の他事業に専念できます。
⑤アルバイト・パートの未来に責任が持てなかったので、心の負担が減りました。
⑥自社の顧客に対してもさらに新しい視点で商売ができます。
⑦そのほかにももっとあると思うのですが・・。
僕の性格が幸いして? ほとんど抵抗なく ご提案を受け入れることができました。
○社長 ありがとうございます。今度幹部の皆さんと忘年会いたしましょう!
今後ともよろしくお願いいたします。
■パグのGoogleと激闘?
あま噛みのはずがしっかり噛む?
結構闘争本能があるので 愛らしい眼をしているのですが・・
非常にまいってます・。
今迷っています。
一度 返却させていただくことを考えたほど。。
でも、甘えると可愛くて・・次男ができたようです。
今日一日 非常にいい子でした。
つぶらな瞳を見てやってください。

■■■インターネットのお買い物は■■■
担当:高野寛康 
TEL:0120-997-664
FAX:0120-937-664
mobil:090-4167-8470
takanono@mb.infoweb.ne.jp
takanohiro@osibori.co.jp
osibori@gmail.com
*********************************************
おしぼり.jp運営サイト 及び
日本語ドメイン情報
osibori.co.jp
osibori.mobi
oshibori.mobi
おしぼり.net
オシボリ(.com.net.jp)
貸おしぼり(.com.net.jp)
貸しおしぼり(.com.net.jp)
紙オシボリ(.com.net.jp)
紙おしぼり(.com.net)
清掃.net
レンタルマット.jp
他 多数



カテゴリー: 日記 パーマリンク