おしぼり業者の例で考えるのは無理がある。


おしぼり.jp 高野です。
■4月6日面白いですね~マイクロソフトとヤフー
圧力かけ始めたマイクロソフト。
こうなると検索の新しい流れは?
いよいよこの新しい流れがしっかりと出来はじめてきたような感が致します。
マイクロソフトが本気を出して・・米Yahooが飲み込まれて?
いづれにしても米マイクロソフトが米Yahooの買収ということになると
日本の孫さんの?Yahooってどうなるのでしょう?
僕にとって一番気になるところはグーグルとマイクロソフト+Yahoo連合?の優位性の問題です。
連合?と書いたのは、協力関係になるのか はたまた 日本では別の状態になるのか?
素人なので予想がつきません。でも無理やり予想・・。
世界各国のYahooの場合、筆頭株主が米Yahooらしいですから
Yahooはブランドとして残っても実質マイクロソフトでなんら問題なしです。
もちろん名前が統合される事もあるかもしれませんがしばらくはYahooブランドかなという想像はつきます。
ところが日本のYahooはソフトバンクが筆頭株主です。
世界では検索の圧倒的な1位がグーグル(世界の約70%)で落ち着いておりますが
日本ではグーグルよりYahooが優位性をある程度発揮しています。
この事実を作り上げた張本人が孫さんなのか「日本人の気質」なのかわかりませんが?
維持できているのは「孫正義の存在」という気がします。
ということは複雑な関係にならざるを得ない気がします。
だから日本のYahoo=孫さんは現在ほとんど何も発言していないのかな?
それからマイクロソフトも名前としてはメジャーですしSkyDriveなんていう強力なものも出してきた以上
Yahooの検索エンジンを使い今後はポータルサイト「マイクロソフト」でも独自で1位を狙いたいと思う筈では??
Windowsの初期画面や検索はマイクロソフトになってますから・・これがYahooの検索結果を出すようになればそれはそれです。
一方YahooJapanは孫さんの自由度が高いといっても約 三分の一をアメリカのYahooが握っているので・・
つまり買収後は三分の一を多少?敵対関係になりうるマイクロソフトが握る事になりますよね。
よっぽど仲良くやっていくのか・・いけるのか?
おしぼり屋の関係で考えると大手複数の資本が入り組んだら・・・やめておこう。
日本にはマイクロソフト株式会社というマイクロソフトの子会社がありますが
マイクロソフトの日本を含む世界での成功事例は皆さんご存知オフィス関連ソフトです。
ネット関連は・・あるとしてもメッセンジャーかな?(私が使ってるから)友達も皆使ってます。
それにしてもスカイプがもっと強力ですし。(これも私が使ってるからそう感じるだけなのか。)
これから伸びるかもしれないSkyDriveもあるし。
ただ俗に言う「あちら側」の時代になれば オフィスソフトだけ?で優位性と利益を保っていたマイクロソフト。
もう待ったなしの状況で慌てまくっているような。
自己保存の為にはなりふり構わぬ暴れ方するかもしれませんね??
今後YahooJapanと日本のマイクロソフト株式会社の関係がどうなるのか注視してます!!
■■■インターネットのお買い物は■■■
担当:高野寛康 
TEL:0120-997-664
FAX:0120-937-664
mobil:090-4167-8470
takanono@mb.infoweb.ne.jp
takanohiro@osibori.co.jp
osibori@gmail.com
*********************************************
おしぼり.jp運営サイト 及び
日本語ドメイン情報
osibori.co.jp
osibori.mobi
oshibori.mobi
おしぼり.net
オシボリ(.com.net.jp)
貸おしぼり(.com.net.jp)
貸しおしぼり(.com.net.jp)
紙オシボリ(.com.net.jp)
紙おしぼり(.com.net)
清掃.net
レンタルマット.jp
他 多数



カテゴリー: 日記 パーマリンク