提案


おしぼり.com 高野です。
まだ工場の完全閉鎖には至っておりませんが
昨日の時点で半分終了いたしました。
完全閉鎖は7月中頃を目指しております。
これからは少しは身軽になります。
そこで これを機に業界に対して提案させていただきます。
ORK時代の情報ハイウェイ構想 協業組合以来?の業界向け提案です
ずばり PINK対策。
これを何とかしたい。してもらいたい。
ブログを見ると気になってしょうがない。
一度 自社として対応できる方法として考えましたが
場合によっては※スケープゴートにされる可能性もあるので(^_^;)
あえて提案として公開いたします。
 ※スケープゴートとは
 「集団自体が抱える問題が集団内の個人に身代わりとして押しつけられ、結果として根本的な解決が先延ばしにされること」。
おしぼり自体の世間での問題をかんがえると大きく2つ
 ●臭い
 ●汚れ
その中で
汚れの内容を細分化すると
 ●通常の汚れ
 ●カビ
 ●ピンク
現行解決策
  カビや汚れに関しては大きく改善されつつある。
 ●製造工程ではほぼ解決?している。
 ●啓蒙活動で汚れの元を断つ。
  お店での問題は衛生マークの普及や常日頃の対策   =現在青年部等で行なっているもの。
 ●ピンクへの対策は 現状 組合員は納品しない事。
  有志のおしぼりへの気配りは本当に頭が下がる思いです。
  本当に素晴らしい商品も配られています。
  ただこの PINKへの対応がアンタッチャブルで消極的であると分析しました。
  
問題点
 ●世間一般的には我々がPINK業界とまったく断絶していることがあまり知られていない。
  場合によっては 盗まれて使われている事もあるのかもしれない。
  もしくは掟破りの例外業者がいるのかもしれない?
  しかし最大の原因は 衛生マークに参加していないアウトサイダーがおおでを振って行なっている事。
既存解決案
 ●一部 酒の席では「組合で専用工場を建て我々が作り通常のおしぼりとまったく別物にする」
  ピンク色など専用のタオルをつくり 全国津々浦々 このおしぼりを普及させると。
  などの意見が大勢であったと思います。私もそうでした。
 ただここで問題は レンタルを標榜している以上 間違った悪いうわさが出ないとも限りません
 実際にブログでは「カゴは分けているが中身は一緒に洗っている」などアウトサイダーへの記述です。
 しかし 我々通常業者といっしょくたにされている点。
 皆様も目にしていると思います。
  ポイントはレンタルとピンク産業の関係をなくすこと。
  警鐘を鳴らすことが必要と考えました。
  近い将来 新手の感染症が出ないとも限りません。
  というか熱帯化することでいろいろ出てきそうです。
  特に怖いのは感染力の強い性病等です。
  その時に「我々とは関係ない」宣言をしてもカイワレ大根の二の舞いですよ。
  現実にエイズの時は戦々恐々と致しました。
  一気におしぼり文化が無くなることを想像してください。
 「喉もと過ぎれば熱さ忘れる」が如し。
  一部のアウトサイダーの問題で我々全員が瀕死の状況になるかも知れないということを。
  (それでもうちは生き残ります。全てのシフト可能商品を取り扱い 柱を別に持つ事で)
  
新解決案1
 ●布おしぼりでありながらワンウェイ。
 仕入れは 全国のおしぼり業者からシミ等のついているセコハンを集め買い上げる。
 →ピンク色とか黒とか 極端な印象的な色に染める。
 →それを「レンタル」ではなく「販売」にする。
 実は自社として新品のおしぼりを投入しようと考えました。
 業界で対応できない場合 販売なら当社の責任において出来るとも思いましたが。
 ただ全国的な流れにならないと意味がないし、自力ではそれは無理。
 更には業界追放も?(^_^;)
 
 何なら最初は業界で無料で全国のPINK関連施設に配布。
 PINKのおしぼりは使い捨ての布。
 しかもイメージカラーがあるので一般のものとは違うという事を常識化。
 誰でもわかるような代物にする事。
 
 あとはいっそのこと 紙おしぼりに代用させる。
 その時にはとっても良いアイディアがあるんです。(^_^)v
 
 使う側の立場からも
 ワンウェイに対する安心感があるので普及しやすそうな気がします。
 ただし もしかしたら逆の意味でクローズアップされる事になるかもしれません。
 皆で腹をくくり 3代目にはPINKと貸おしぼりがまったく関係ない世界を作る。
 それが目標です。
 如何でしょうか? 責任はもちろん現在の全国の各組合理事長 お願いします。(ToT)/~~~
  言いたい事の言える業界に! 第2弾でした。
 
 やっぱり臭いものには蓋?でしょうか??
 メタンガスが溜まれば必ずいつかは爆発します。
■■■インターネットのお買い物は■■■
*********************************************
高野寛康 
TEL:0120-997-664/03-3311-4272
FAX:0120-937-664/03-3313-8526
mobil:090-4167-8470
takanono@mb.infoweb.ne.jp
takanohiro@osibori.co.jp
osibori@gmail.com
*********************************************
おしぼり.jp運営サイト 及び
日本語ドメイン情報
osibori.co.jp
osibori.mobi
oshibori.mobi
おしぼり.net
オシボリ(.com.net.jp)



カテゴリー: 日記 パーマリンク