次の一手は


おしぼり.jp 高野です

東京大雪です。・・でした。

3時には目覚めてしまいました。
どうなる事かと思いましたが・・既に解けつつある用でほっとしました。

少し前、アメリカの通信最大手のAT&Tが買収されました。
日本で言えばNTTなんでしょうか?

世界的な通信業界の再編成がはじまっているという感があります。
素人目に見て世界の通信がIP化され無料化や激安の流れの中
トップが早々に見切りをつけたのかなと・・??

日本ではソフトバンクによる価格破壊、海外ではスカイプの台頭など
国境を越えての大きな流れを感じます。

孫さんばかりが目立っていましたが、実はインターネットが出来た時
この流れが始っていて、遅かれ早かれ誰かが今のような状態にしていたと思います。

これを私たちの業界に当てはめるとどうでしょうか。
おしぼり業者の脱・おしぼりオンリーは既に周りを見回せば完了しつつあるようです。

雑貨でうちはそうとう出遅れていましたが、今は何とか頑張って追いつこうと思ってます。

それでも到底追いつけないと思う人が関東ではたくさんいらっしゃいます。
まったくおしぼり業者とは思えない人もチラホラ 先日絶句しました。
既にまったく違う異業種の世界を生きてらっしゃいます。
多分想像するに売り上げの9割が別の事業になりつつあるような・・それは於いといて。

次の一手は
おしぼり業者として
持っている資産をインターネットを利用してうまく活用する事が生き残りの道?
そういった意味では私たちのアウトサイダーはグルナビやアスクルですか?
そろそろ誰かが、何かが具体的に台頭する事に期待と不安・・してます。

またおしぼり限定で言えば
まったく別の全国規模のアウトサイダーが台頭したとき。
それが主流になる事や正義となる事を誰も否定できないとおもいます・・。
既存業者がある意味「悪徳」になる事は通信業界だけでなく皆さんも目の当たりにしてますね。

元に戻ってわが国の通信業界の話ですが、移動体通信のウィルコム(もとDDIポケット)

 「5月をめどに月3000~4000円の音声定額サービスを導入する」との一部報道がありました。これに対して
「音声の定額サービスを計画しているのは事実」(広報部)とコメントしたそうです。つまり今度はデータの使い放題から、
音声の使い放題への道が切り開かれます(一部企業向既存)。個人はまだ先でしょうが、数万円払っている現状が、
馬鹿みたいに思える日がきっと来ますね。



カテゴリー: 日記 タグ: パーマリンク