お客様への真剣なメッセージ


おしぼり.jp 高野です。
先日来た東北地方のお客様に出したお断りのメールですが
各社 同様のメールがたくさん来ていると思います。
安い物に対して「出来ません」とタダタダ断ってきたのですが
先日 横浜のO社長や千葉のN社長と話させて頂いて感じた事を
そのままお客様にぶつけてみました。
良くあるパターンですが以下のようなご返事文面もありかな?と
私としても「いちいち説明してられない」と思っていたのですが
メールの時代です よろしければ アレンジしてご利用ください。
もしくは正反対のご意見がある方もいらっしゃると思うのでご意見などあれば宜しくお願いいたします。
これは自社への戒めも含まれております。
人は真剣に考えてもらうと動くそうです。私なりにできる範囲このお客様に真剣にお知らせしたつもりです。
もしかしたらご立腹されるかもしれませんね。
//////////////////////////////////////////////////////////////////
●●さま
お問い合わせ頂きありがとうございます。
結論から申しますと伺う事は出来ない地域です。
申し訳ございません。
ただちょっと気になりましたのでお知らせいたします。
まず5円台は決して高くはないお値段だと思います。
東京ではいろいろ条件も違いますが
基本金 1000本まで 7~8000円となっており
単価 計算いたしますと 7円以上となります。
実は4,000円というところもございますが理由がございます。
実際値段設定は各社各様だとは思いますが、正常なモノをお出しする時
当然のようにかかるコスト 熱湯投入=灯油代 水道代=すすぎの回数 
4回以上 洗剤の種類 消毒剤=次亜塩素の投入 そして最大の人件費など
考えると戦術的に対応する場合があるのかもしれませんが当社も含めて
4円台では到底「良い物」「良い対応」を継続的に続けることはできません。
関東でも全盛期のおしぼり業者の数が約4分の1程消滅いたしました。
ほぼ数字を考えない安売り合戦の痛手から債務超過に陥ったか
もしくは利益のない商売に見切りをつけたと考えております。
しかも
 ☆彡「安くすればするほど 結果としてお客様の苦情も増えるという悪循環です。」
一応通常に商売をするとなると おしぼりの使用量や特別の場合を除き
4円台は考えられません。あまり安いだけの業者を選ぶ事は危険と考えます。
理由は明らかに手抜きに繋がっていきます。都内でも横暴な業者をよく見かけます。
いろいろな苦情を聞く中でよくある内容が
「うちは安くしてあげてるんだから???これでいいんだよ」と言わんばかりの対応のようです。
また おしぼりを60匁に落とした業者もいますが、月額での差額を考えて
お客様への満足を考えた場合、ホンの僅かな差でこんなに安くて満足を与えられるものは他にはない筈です。
実際にご想像ください。本当に想像してみてください。
業態にもよるとは思いますが、本当にあるだけで良い思われる業態さまの場合
「おもてなし」なら「おしぼり」ですが
 「お手拭=コンビニ的なサービス」の場合では思い切って「紙おしぼり」を当
社としましてはお勧めいたします。同業の方からは苦情が来るかもしれませんが。
時代の流れとしましても都内のお客様は最近 「もっと良いものを」という傾向に変わってまいりました。
高級な熱々のおしぼりを出す事によって、また手渡しする事によって
満足を感じていただき、お客様と最初に触れ合える最強アイテムと考えられてはいかがでしょうか。
1本目に熱々のおしぼりで出迎えて 食べ終わった後に冷たいおしぼりをお出しするラーメン店
そのことをすごく感動していたとブログの記事で見つけました。
これは実は同業の方が広く飲食業界に薦めている事ですが、2本で15円そこそこです。
良い食材で得たのと同様の満足感を持ってらっしゃいます。
ここまでの内容はその同業のかたの受け売りですが、私も実際そう感じております。
反面 くさいオシボリが出て(粗悪なレンタルや粗悪な自家製の場合)
二度と行きたくないというお客様がいることも事実です。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////
【後述】今実際探したら・・実際すぐありました。
http://blog.goo.ne.jp/altahil/e/e8c14deb71b58e42ac60a489c8eac2ab
////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コスト削減は当たりまえですが、お客様の不満を助長するキッカケにはされないようご注意ください。
当社でも方向性としまして6月より おしぼりの匁数を上げたり、ISO取得工場でのおしぼり生産など
お客様に品質の良くCS(=顧客満足度)の高い納得いただけるものをと考えます。
経済の動向も本筋では景気回復傾向とのことですのでそれに沿った対応へのシフトを考えております。
申し訳ございませんが4円という貸おしぼりの方向性を考える業者が顧客満足に繋がるものを真剣に考えているとは思えない実情です。
以上長くなりましたが、「おしぼり」「紙オシボリ」を今後とも宜しくお願いいたします。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////
【後述】安いもので真剣に考えてる人もいるのでしょうが?
  コスト割れすればやっぱり駄目かも??如何ですが ご同業。
  僕の中では「紙オシボリ」と「おしぼり」は別物になりつつあります。
  日本そばとラーメン どちらも必要かな 
  日下さん どうでしょうか?
////////////////////////////////////////////////////////////////////////
長々と失礼いたしました。
*********************************************
高野寛康 
TEL:0120-997-664/03-3311-4272
FAX:0120-937-664/03-3313-8526
mobil:090-4167-8470
takanono@mb.infoweb.ne.jp
takanohiro@osibori.co.jp
osibori@gmail.com
*********************************************
おしぼり.jp運営サイト 及び
日本語ドメイン情報
osibori.co.jp
osibori.mobi
oshibori.mobi
おしぼり.net
オシボリ(.com.net.jp)
貸おしぼり(.com.net.jp)
貸しおしぼり(.com.net.jp)
紙オシボリ(.com.net.jp)
紙おしぼり(.com.net)
清掃.net
レンタルマット.jp
他 多数



カテゴリー: 日記 パーマリンク