おしぼりと匁


1.「匁」とは その一
比較対照が違う
通常、一般の方たちにとってのタオルの単位の基準は枚数と「縦×横」つまり面積だと思います。しかし私達の業界で使われている単位は違います。
よくお問い合わせを頂く方の質問で、おしぼりの大きさを聞かれる方がいらっしゃいます。
その時の基準は大抵縦横の長さ=面積です。
もちろん面積も重要ではございますが、それに対して 私達業者のなかでは「重さ」を基準にしたものが基本となり、両方で考えます。
なぜか?二つの理由があると考えられます。
一つ目としては、まず面積が小さいものでも重いもの 、その逆に大きくても軽いものがあります。つまり厚み=重みの問題があるのです。
もうひとつは、業界の人だとよくわかるのですが、おしぼりの面積は、ジーパンと同じで買って来た場合と、 洗って使い始めたモノとでは面積自体が変わってしまうのです。(=縦横の長さが変わるのです。)これが結構な違いがでます。
同じように見えるタオルでも匁の違いで、どちらが多く綿糸が使われているかわかるのです。
+保水性 触感もおのずと違ってきます。
1匁は約3.75gですが80匁のタオルとは・・・!
計算すると3.75×80=300g となりますが
実際は300gでは御座いません。25gです。
誰ですか!詐欺だなんていってる方は?
詐欺なんかじゃないんです。
答えはここに
古きよき時代?の十二進法=12本=1ダース。
12本セットで考えられています。
25g×12本=300g
昔の商人の知恵がこの単位を作ったのでしょうか? 手(チョキ)



カテゴリー: 日記 タグ: パーマリンク